センター紹介

概要

国は、数理・データサイエンス教育強化の方針を打ち出しており、「AI 戦略2019」においては、2025年を目標年として、「文理を問わず、全ての大学・高専生(約50万人卒/年)が、初級レベルの数理・データサイエンス・AI に関する能力を習得すること」及び「文理を問わず、一定規模の大学・高専生(約25万人卒/年)が、自らの専門分野への数理・データサイエンス・AI の応用基礎力を習得すること」が掲げられています。

本学においても、学生に数理・データサイエンス・AI の各能力を積極的に身につけさせることを目標に本センターを立ち上げ、大学として推進していきます。

教員紹介

役職 氏名 所属等
センター長 栗本 猛 教養教育学部教授
副センター長 唐渡 広志 経済学部教授
データサイエンス推進センター
会議委員
坪見 博之 人文学部准教授
上山 輝 人間発達科学部教授
モヴシュク オレクサンダー 経済学部教授
林 直人 理学部教授
三原 弘 医学部助教
松谷 裕二 薬学部教授
廣林 茂樹 工学部教授
辻合 秀一 芸術文化学部准教授
堀田 裕弘 都市デザイン学部教授
吉田 勝一 教養教育院准教授

業務内容

  1. 数理・データサイエンス・AI 教育の推進に関すること。
  2. 数理・データサイエンス・AI 教育の質保証・向上に関すること。
  3. 数理・データサイエンス・AI教育の自己点検・評価に関すること。
  4. その他データサイエンスの推進に関すること。
  5. 前各号に掲げるもののほか、富山大学教育・学生支援機構長から付託されたこと。